【新宿野戦病院】第2話の感想とネタバレ:シビアな内容なのにペヤングが食べたい!の声集まる

ドラマ新宿野戦病院第2話が放送され、ドラマ放送終了後に続々と感想が届いています!

第2話の感想に『ドラマ見終わったらペヤング食べたい!』が目立ちました!いったいどういうことなのでしょうか?
ストーリーのネタバレもサクッと紹介していきます!

この記事を読むとわかること

  • 新宿野戦病院第2話の感想
  • 新宿野戦病院第2話のネタバレ
目次

【新宿野戦病院】第2話の感想

【新宿野戦病院】第2話の感想ですが、カップ焼きそばの『ペヤングが食べたくなった!』『ドラマのせいでペヤングが食べたい!』の感想の声が上がりました!

なぜペヤングなのかと言うと、オーバードーズをした少女・マユ(伊東蒼)が聖まごころ病院に一泊入院し、お腹が減ったところ、ヨウコ(小池栄子)と夜中にペヤングを食べているシーンがあったからです。

ヨウコはなぜマユにオーバードーズをして死にたかったのか?などの理由や、マユが死んだら悲しいというシビアな話をしていましたが、ドラマ視聴者からは思った以上にペヤングが印象に残ったようです

サンドラッグe-shop
¥2,862 (2024/07/11 00:18時点 | 楽天市場調べ)

・ペヤングが無性に食べたくなってきた!明日買いに行くわw
・明日は焼きそばだな
・しのぶさんの好物ペヤングなのぴったり
・ペヤングが食べたくなりますね笑

引用元:ガールズチャンネル
するめ

ヨウコと少女・マユが夜中に食べたペヤングは、看護師長のしのぶが食べるのを楽しみにしていたものだったそうです!

【新宿野戦病院】第2話のネタバレ

新宿野戦病院第2話放送後のストーリーのネタバレを紹介します!

第2話のネタバレポイント

・高峰享(仲野太賀)は『Not Alone』の活動に参加する
・鎮痛剤を大量摂取した少女・マユの苦しみにヨウコは何度も助けると話す
・DDの愛称ホストダイスケ・ダルメシアン三世がビル上から転落し、聖まごころ病院で緊急処置

あらすじ

物語は、NPO法人『Not Alone』の新宿エリア代表・南舞(橋本愛)に言われた「社会は平等じゃないから、虚しくない」という言葉が主人公に引っかかり、その答えを見つけるために美容皮膚科医・高峰享(仲野太賀)『Not Alone』の活動に参加するところから始まります。

一方、聖まごころ病院では、鎮痛剤を大量摂取した少女・マユ(伊東蒼)や、鼻にワイヤレスイヤホンが詰まった10歳の男の子が搬送されます。イヤホンは無事に取り出され、マユも翌日母親と共に帰りますが、彼女には悩みがあります。

また、聖まごころ病院の性感染症内科医・田島琢己(馬場徹)が「歌舞伎町顔面偏差値テスト」で選ばれたことで、女性を巡るトラブルが発生します。

【新宿野戦病院第2話あらすじ参照引用】

第1話を振り返りたいあなたはコチラ☟
>>>【新宿野戦病院】1話の感想とネタバレ:小池栄子の英語と岡山弁にイライラ?ワザと説あり?

ネタバレ:高峰享の“平等”の言葉の答えを見つけるために

高峰享(仲野太賀)は、南舞(橋本愛)に言われた「社会は平等じゃないから、虚しくない」という言葉が主人公に引っかかり、その答えを見つけるためにNPOの『Not Alone』の活動に参加していきます。

また、南舞(橋本愛)に好意を持っている高峰享(仲野太賀)ですが、警察官・岡本勇太(濱田岳)は舞の秘密を知ってしまうのでした。

画像引用:新宿野戦病院公式HP

舞は全身黒ずくめでホテルに入るところを目撃したのち、店から出てきた男から話を聞くと、舞はSMプレイで客を取っているようでした

画像引用:新宿野戦病院公式インスタグラム

何も知らない高峰享(仲野太賀)は、舞のことを無垢な女性と決めつけ恋焦がれているため、岡本勇太(濱田岳)は舞が裏で行っている秘密について言えない状態だったのでした…

ネタバレ:トー横キッズの少女・マユの苦悩

マユ(伊東蒼)はオーバードーズで聖まごころ病院に運ばれ、ヨウコが寝泊まりしている病室に一泊入院します。

意識を取り戻し、夜中に動けるようになったマユは、ヨウコに死にたかった理由を問われますが、曖昧な返事をします。ヨウコは「おまえが死んだら、ぼっけえ悲しい」と伝えます。

その後、NPO法人『Not Alone』の南舞の協力もあり、母親が迎えに来て自宅に帰ったマユ。しかし、再びオーバードーズをし、聖まごころ病院に運ばれます

南舞は、マユが母親の彼氏に酷いことをされていると感じ取り、しばらく聖まごころ病院でマユを預かり、『Not Alone』の活動にも参加させるようになります。

ネタバレ:ダイスケ・ダルメシアン三世が転落し緊急処置

歌舞伎町にある「イケメン牧場」の人気No.1ホスト、ダイスケ・ダルメシアン三世(DD)の誕生日を楽しみにしていたリリカ(寺本莉緒)ですが、当日店になかなか現れずダイスケ・ダルメシアン三世やホスト達は焦っていました。

同じ頃、スマホの充電のために「イケメン牧場」に入ったヨウコ(小池栄子)は、ホスト達からダイスケ・ダルメシアン三世の誕生日を祝ってほしいと提案されます。ヨウコは状況を理解しないまま誕生日パーティに参加し、リリカを待たずにシャンパンタワーを始めてしまいます。

画像引用:新宿野戦病院公式HP

その途中でリリカが登場し、ダイスケ・ダルメシアン三世の裏切りに怒り、ビルの屋上から飛び降りようとします。ヨウコは、飛び降りても死ねないし、今後の生活やリハビリが大変だと冷静に説明し、リリカは思いとどまります。

リリカがぶちまけたお金をダイスケ・ダルメシアン三世が拾っていると、誤って滑りビルから転落し、重症を負います

画像引用:新宿野戦病院公式HP

ヨウコ達はリアカーで彼を聖まごころ病院へ運び、緊急処置を行います。ダイスケ・ダルメシアン三世はその後、救急病院へ転送され、医師から「処置は雑だったが早かったため足の切断は免れた」と報告されたのでした。

第3話の感想、ネタバレが早く知りたい方はコチラ☟
>>>【新宿野戦病院】第3話感想とネタバレ:マユが自身を守るために取った行動とは!?

まとめ

【新宿野戦病院】第2話の感想とネタバレ:シビアな内容なのにペヤングが食べたい!の声集まるのまとめ

  • 【新宿野戦病院】第2話の感想は、シビアなドラマ内容ですが、夜間の放送にも関わらずカップ焼きそばを食べるシーンがあり「焼きそば食べたい!」「明日は焼きそばだ!」いう声が集まりました。
  • 【新宿野戦病院】第2話ネタバレ
    ➀高峰享の“平等”の答えを見つけるために、舞が所属するNPOの活動に参加し始めた
    ②警察官・岡本勇太(濱田岳)は舞の秘密を知ってしまう。舞はSM嬢のようだった
    ③オーバードーズを繰り返す少女・マユを聖まごころ病院で預かることになった
    ④ホストのダイスケ・ダルメシアン三世は、好意を持たれている女性リリコのビル上から飛び降り自殺を止めたのちに、お金を拾っていた所、誤って滑り地上に転落。聖まごころ病院で緊急処置をし、一時的に助かった。

>>>新宿野戦病院の原作はオリジナル!宮藤官九郎初の医療ドラマの結末は?

目次