スリーアミーゴス【大奥版】新・旧で役柄比較!強烈キャラ俳優の現在の活動も調査!

スリーアミーゴス【大奥版】新・旧で役柄比較!強烈キャラ俳優の現在の活動も調査!

大奥テレビ出演で、一躍有名になった3人組がいます。

大奥の女中役で息のピッタリあったコミカルなやり取りが、大奥の名物になり、いつしか大奥のスリーアミーゴスと呼ばれるようになりました。

2019年のフジ・大奥最終章でスリーアミーゴスを見る機会はなくなってしまいましたが、2024年1月から再びスリーアミーゴスの3人がドラマでカムバックすることが発表されました!

しかも、新たなキャストのスリーアミーゴスとなり、視聴者も期待を寄せています。

そこで、大奥・新スリーアミーゴス3人の役柄と過去作の役柄とはどこが違うのか比較してみたいと思います。また、旧スリーアミーゴスの現在はどうなっているかも気になったため調べてみました!

この記事を読むとわかること

  • スリーアミーゴス【大奥版】新・旧で役柄を比較!
  • スリーアミーゴス【大奥過去作】出演俳優の現在の活動は?
目次

スリーアミーゴス【大奥版】新・旧で役柄で比較!

大奥・スリーアミーゴス新・旧の役柄の違いを比較してみました!

これまでの大奥放送シリーズを見て、スリーアミーゴスはこんな役柄かな?と筆者の主観から考察しています

結論としては、2024年の新スリーアミーゴスの方が性格や仕事内容も明確に決められていました。役柄の共通点として見えてきたのは、ゴシップ好きと食べ物好きなキャラクターは今作も存在するようです。

前作2019年までの出演者・役柄

左:葛岡(鷲尾 真知子演)

役柄の特徴:仲居頭。女中のリーダー的存在ではあるが、噂話が大好き。吉野や浦尾に対して友人・姉のような存在

中央:吉野(山口 香緒里演)

役柄の特徴:仲居(女中)。小さな噂話も聞き取って3人トリオが集まった時に話題を出してくる。意外としんみりしている場面でも、空気を読んで明るく振舞うなど気配りが出来る人

右:浦尾(久保田 磨希演)

役柄の特徴:仲居(女中)。美味しい物に目がない。食べ物を見ると、少しずつ食べるのではなく、一口でパクっとほおばってしまう。美味しい食べ物を食べると、『美味でございます~』と声を発してしまう

新2024年からの出演者・役柄

画像引用:公式大奥HP

左:昭島(山村紅葉演)

役柄の特徴:大奥にある書物や記録の全てを把握するほど博学な人。その知識を頼って多くの人が訪れてくる。

中央:お玲(ハシヤスメ・アツコ演)

役柄の特徴:過去のゴシップを知るのも広めるのも大好き。メガネをかけている。

右:お平(小林きな子演)

役柄の特徴:おいしいものアンテナ感知がすごい。食べ物に対する嗅覚は人一倍。お平探すより、食べ物の匂いを漂わせればお平から自然と寄ってくる。

令和版大奥の女中3人組を演じている女優・俳優を知りたい方はコチラに☟
大奥女中3人組【令和版】の女優やタレントは誰?ベテランから元アイドルまで多様なキャスト!

するめ

ドラマが楽しみです♪

スリーアミーゴス初代出演俳優の現在の活動は?

前作スリーアミーゴス大奥で出演した、3名の俳優さんの現在のプライベートや活動を見ていきましょう!

➀葛岡役:鷲尾真知子

名前鷲尾真知子
(わしお・まちこ)
生年月日1949年6月2日
出身神奈川県
所属シス・カンパニー
趣味日本舞踊
鷲尾真知子情報

家族について

25年以上事実婚であった、中嶋しゅうさんと2003年から2004年頃に入籍。

おしどり夫婦として有名でしたが、2017年夫の中嶋しゅうとさんが舞台で突然倒れそのまま帰らぬ人に。夫が倒れた日は、鷲尾さんは舞台に立ち続けていたそうです。

中嶋が亡くなってから初日の幕が下りるまで、涙が出なかったんです。でも終演後、共演していた佐藤B作さんが楽屋に来てくださって、彼の膝を借りて号泣できました。(中略)本当にいろんな方に支えていただいて、今ここにいられるんだって思います。

引用元:週刊朝日
するめ

鷲尾さんは今でも喪失感が大きいと話されていました。

ですが、「今日も一日過ぎたよ」と、夫・中嶋しゅうさんに報告しながら日々を過ごしているそうです。

現在の活躍について

鷲尾真知子さんは、1969年に劇団NLTに所属し、現在まで数多くの舞台やドラマ・映画に出演。実力派の女優としての傍ら、声優としても活躍されていました。

2023年は「ソロ活女子のススメ」や「きのう何食べたSeason2」に出演。

NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」で上白石萌音演じる主人公・安子の祖母・ひさを演じて話題となりました。

するめ

人気作品には必ず出演されていますね!どんな役でも演じきってしまうベテラン女優さんです!

②浦尾役:久保田磨希

名前久保田磨希
(くぼた・まき)
生年月日1973年2月27日
出身京都福知山市
所属ホリプロ
趣味・犬の散歩
・お寺・銭湯・商店街めぐり
久保田磨希情報

家族について

プライベートでは2006年に結婚し、2011年に長女・空さんを出産し家族3人と愛犬の柴犬・そいちゃんと暮らしています。

現在お子さんは中学生の年代まで成長しており、レスリング選手を目指して週4日練習しているそうです。

また、テニス、トランポリン教室、英会話も習っており娘さんの休みはないとのこと。

久保田さんは、娘さんのやりたい!という気持ちを常に優先し、全力でサポートしているため自分の時間は全くないとテレビ番組で答えていました。

仕事以外の全部の時間を娘に向けているので、体力的にはめちゃめちゃきついんですけど、家族で話し合ったことなので

引用元:スポニチアネックス
するめ

ちなみに、娘さんの憧れの選手は吉田沙保里。

久保田さんは娘さんの練習のために、自宅にトレーニング専用の部屋を作ったそうですよ!お値段約40万!

もはや、娘さん専属トレーナーですね!

現在の活躍について

仕事のオファーは断らないと決めているそうで、役者としてプロ意識が高い方です。

2023年から、久保田さん自身の母校・大阪芸術大学の短期大学部のメディア・芸術学科の客員教授に就任されたそうです。

ホームページにも『久保田磨希先生』と記載があり、教員として活躍しているそうですね!

するめ

役者、教員、母とめまぐるしい日々ですが、久保田さんは元気いっぱいなのは、前向きなでなんでも挑戦する性格からだと思います♪

③吉野役:山口 香緒里

名前山口 香緒里
(やまぐち・かおり)
生年月日1974年8月22日
出身愛知県
所属フォスター
趣味書道二段、料理、映画鑑賞
山口 香緒里情報

家族について

プライベートでは、2008年に結婚、2010年に誕生した息子さんは、2023年の春に中学生になりサッカーを熱心に取り組んでいるそうです。

愛犬は、チワワのミロちゃんを飼っています。

現在の活躍

山口香緒里さんは、2003年のフジテレビ『大奥』で吉野役を演じたことが役者として知名度が定着。

時代劇から現代劇まで器用に演じ分けられることから多数の映画・ドラマに出演をされています。

2023年フジテレビドラマ「ばからもん」では、大奥スリーアミーゴズの1人、鷲尾真知子さんと共演を果たしています♪

するめ

愛犬と息子さんをサポートする姿が山口さんのブログで拝見できます♪

ミロちゃんを溺愛していますね!ご自身のご実家でも犬を飼っていたこともあるそうです!

まとめ

  • 大奥スリーアミーゴス3人の新・旧の役柄を比較した結果、ゴシップ好きと食べ物好きは共通した役柄
  • スリーアミーゴスの前作出演者(➀鷲尾 真知子②久保田 磨希③山口 香緒里)は舞台・俳優・ドラマに活躍中。
  • スリーアミーゴスの鷲尾 真知子と山口 香緒里は、連続ドラマ「ばからもん」で共演。
  • スリーアミーゴスの久保田 磨希は、2023年から大阪芸術大学の短期大学部のメディア・芸術学科の客員教授に就任。
目次