アンメットの原作漫画とドラマの違いは主人公?キャストの役柄や脚本家も紹介!

2024年4月15日にフジテレビドラマ『アンメット-ある脳外科医の日記-』が放送開始されます。

主演の杉咲花さんは、初めての医師役を演じフジテレビドラマ初主演です!

アンメットのドラマでは、『記憶障害の脳外科医』という主人公なのですが、調べてみると原作漫画とドラマでは大きく違う設定があり、なぜ違うのかも気になるところですよね!

アンメットの原作漫画とドラマの違いや原作者、脚本家、キャストの紹介をしていきます!

この記事でわかること

・ドラマ『アンメット』の原作は漫画

・ドラマ『アンメット』の原作者、脚本家

・ドラマ『アンメット』と原作漫画の違い

・ドラマ『アンメット』のキャストと役柄

目次

ドラマ『アンメット』の原作は漫画!

ドラマ『アンメット-ある脳外科医の日記-』の原作は漫画です。講談社発行の週刊漫画雑誌『モーニング』にて2021年から連載中の漫画です。

楽天Kobo電子書籍ストア
¥759 (2024/04/15 02:41時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

『アンメット-ある脳外科医の日記-』の主な内容は、医師が脳疾患を治療するだけでなく、治療後の患者の人生についても描いています

丘陵セントラル病院に着任した脳外科医・三瓶友治が、多くの患者たちとその後遺症と向き合いながら、決して妥協せずに人生を変える医療を追求していく姿を追います。

三瓶友治の行動は、時には緊迫し、命を左右するような選択を迫られることもありますが、その決断が患者やその家族の未来にどのように影響するかを描いています。

ドラマ『アンメット』の原作者と脚本家は誰?

ドラマ『アンメット』の原作者は元ベテラン脳外科医の子鹿ゆずるさんで、漫画を担当しているのは大槻閑人さんです。

脚本家はしばらく公表されていませんでしたが、脚本家は篠﨑絵里子さんと正式に発表されていました。

原作者:子鹿ゆずる

  • 元脳外科医
  • 『M’s BRAIN』で転生賞を獲得
  • 『アンメット-ある脳外科医の日記-』連載デビュー作品

原作では、私自身の経験を踏まえ脳障害の後遺症を正確に描くとともに、それと戦う人たちの心に焦点を当てました。ドラマ化にあたり、製作スタッフの皆様ならびに杉咲花さんはじめ実力派俳優の方々により、原作を超越した見事なドラマに仕上げて頂けそうで大変感謝しています。

引用元:マイナビニュース
するめ

医療経験のある原作者だからこそ、病気のあとの課題がリアルです!

漫画:大槻閑人

  • 第73回ちばてつや賞一般部門準大賞を授与され、『アイターン』(全4巻)を著す。

漫画『アイターン』は原作が作家の福澤徹三さんで、漫画を大槻閑人さんが担当

2019年にはテレビ東京深夜放送で、ムロツヨシさんと俳優の古田新太のダブル主演でドラマ化されました!

楽天Kobo電子書籍ストア
¥671 (2024/04/15 02:58時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

脚本家:篠﨑絵里子

脚本家の篠﨑絵里子さんの主な作品は以下になります!誰しも一度は聞いたことのある、ヒット作を手掛けていますね!

ジャンル作品名
ドラマ『いま、会いにゆきます』
『クロサギ』
『震える牛』
『まれ』
『THE GOOD WIFE / グッドワイフ』
映画『あしたのジョー』
『人魚の眠る家』
アニメ『ちびまる子ちゃん』
脚本家:篠﨑絵里子経歴

今回、脚本家の発表について制作会社からの発表が遅くなった理由としては、以前篠﨑絵里子さんが他作品であるドラマの原作者に対してコメントを返したことでSNSが炎上する事態になってしまったからだと予測します。

しかし、アンメットの原作者・子鹿ゆずるさんとはドラマ化に至っては話し合いがしっかり持たれているようですね!

ドラマ化にあたり、子鹿ゆずるが制作陣にリクエストしたこと

僕は、どのエピソードが選ばれても、それをどう調理していただいても構わないのですが、やはり原作を愛してくださっている読者の方や、この作品で勇気づけられたという患者さん、そのご家族の方たちを裏切るような形にはしたくありません。だから、そういった方たちが見ても納得していただけるものにしてほしいと、最初にお願いしました

引用元:アンメット公式HP
するめ

子鹿ゆずるさんは、1話の最後のシーンの脚本を読んで涙してしまったんだとか!

ドラマ『アンメット』と原作漫画の違いは主人公?

ドラマ『アンメット』は、原作漫画とのストーリーが大きく違う部分があります。それは、主人公が脳外科医・三瓶友治ではなく、記憶障害のある脳外科医・川内ミヤビに焦点を当てているというものです。

しかも、原作者の子鹿ゆずるさんは主人公の変更に「ワクワクしている」とコメントを載せています。

僕の中ではミヤビこそが、この作品の中でいちばんの人格者。表立ってはいないけれど、自然と周囲の尊敬を集めるような人物に描いてきたつもりです。 ただ、女性の心の内を描くとなると難しくて、正直、思うように書けなかった部分も。

そんなときに、関西テレビさんから「ミヤビを主人公にしてドラマ化したい」とお話をいただいたんです。実はドラマ化のオファーはほかにも数社あったのですが、ミヤビを主人公にと提案してくれたのはカンテレさんだけ。

それはおもしろそうだとワクワクしましたし、主人公ともなれば、僕が描きたかったミヤビをしっかり描いてもらえるのではないかと思いました。

引用元:アンメット公式HP
するめ

テーマは医療だけど、原作漫画は三瓶友治の気持ちや考え、苦悩が描かれていて、ドラマでは川内ミヤビの想いや考え、苦悩が主に描かれているということですね!

原作漫画とドラマを重ねると、2人の両方の視点が見られるのは新鮮かも!

ドラマのあらすじ

1年半前の事故で脳を損傷した脳外科医の川内ミヤビは、2年間の記憶を失い、新しい記憶も翌日には忘れてしまう記憶障害に苦しんでいます

ミヤビは毎朝5時に目覚め、日記を読むことで失った記憶を振り返ります。そして、現在は関東医科大学病院にて教授の治療を受けながら、記憶をなくす前の研修先である丘陵セントラル病院で医療行為なしの看護助手として働くのでした。

ある日、新しく着任した脳外科医・三瓶友治と共に、急患の女優・赤嶺レナの治療に携わります。レナは脳梗塞を発症し、治療を受けますが後遺症である失語症となってしまいます。


ミヤビは自身の記憶障害と女優として絶望を感じているレナの状況に直面し、無力感と葛藤を抱えていくのでした…。

【引用参照あらすじ:公式HP】

するめ

病気を治療するドラマは良くありがちですが、記憶障害を抱えながら医師免許を持って病院で働くミヤビの葛藤が気になります。

『アンメット-ある脳外科医の日記-』の原作漫画を読みたい方におススメサイト☟

スポンサーリンク

クーポン利用で先取読み!

スポンサーリンク

ドラマ『アンメット』のキャストと役柄を紹介

ドラマ『アンメット』の主なキャストを紹介!

するめ

漫画のキャラクターと雰囲気が似ている俳優さんもいる?

川内ミヤビ (演:杉咲花)

事故で脳を損傷し、記憶障害を抱えながら丘陵セントラル病院の看護助手として生きている

画像引用:アンメット公式HP

原作者の子鹿ゆずるさんは、医療行為の監修も行っているようですが自身のSNSで女優の杉咲花さんが練習用の顕微鏡で血管吻合の技術が上達されていることに驚くコメントを残していました。

するめ

SNSの写真は杉咲さんではないようですが、子鹿ゆずるさんがイメージとして写真をアップしているようですね!

イメージでも、この技術の上達は杉咲さん凄すぎです!!!

三瓶友治(演:若葉竜也)

丘陵セントラル病院にアメリカから赴任。
医師としては優秀であるが、マイペースで変わり者であるが言動には説得力がある。

画像引用:アンメット公式HP

三瓶友治を演じる、俳優の若葉竜也さんはこれまで映画を中心に活動してきました。

しかし、連続ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』への出演を決めたのは、プロデューサーの熱意と『アンメット』の深いテーマに共感したからだそうです。

するめ

連続ドラマの出演を控えていた理由は、スケジュールの都合やスピード優先の制作に葛藤があったからだそうですよ。

今回の『アンメット』ドラマ番組制作プロデユーサーの米田孝さんが若葉竜也さんの自宅の近所まで来て話をしてくれたことで、その熱意に出演を決めたそうです!

星前宏太 (演:千葉雄大)

丘陵セントラル病院の救急・脳外科兼務。
全科で専門医を目指している。憎めない人柄で周囲から頼りにされている一面も。

画像引用:アンメット公式HP

するめ

千葉雄大さんが演じている星前宏太は、原作漫画では三瓶友治とミヤビと絡む場面は多く、明るいキャラクターなんですよ!

その反面、過去にあった出来事は悔しい想いをしている方なんです。

大迫紘一 (演:井浦新)

関東医大病院・脳外科教授でミヤビの主治医。ミヤビの脳外科医で目標となる人。

画像引用:アンメット公式HP

実力のある俳優・井浦新さんは、ミヤビが脳外科医を目指すきっかけとなった大迫紘一を演じます!

井浦新さんは、ドラマの内容について以下のようにコメントを残しています。

光にも闇にもなる人の“記憶”について、この作品を通して深く考えてみたいと思います。

引用元:フジテレビ
するめ

ミヤビの記憶障害の秘密は、光と闇にもなりそうな真実が隠されていそうですね!

綾野楓 (演:岡山天音)

関東医大病院・脳外科医勤務。
脳血管治療(カテーテル)が専門で、国内で最も注目される若手医師。
好青年だが、言動に隙がなく本音が見えない人。

画像引用:アンメット公式HP

するめ

本音が見えず策略家である綾野楓は、ミヤビの記憶障害について何か関わっているような気がしてなりませんね…!

津幡玲子 (演:吉瀬美智子)

丘陵セントラル病院の看護師長。
『安全の鬼』としてミスを許さない徹底ぶりに周囲からは怖がられている。
ミヤビを医師として復帰させることを反対する人物。

画像引用:アンメット公式HP

するめ

個人的には看護師長役を演じた、吉瀬美智子さんが原作漫画のキャラクターと雰囲気が似ているなと思います!

『アンメット-ある脳外科医の日記-』の原作漫画を読みたい方におススメサイト☟

スポンサーリンク

クーポン利用で先取読み

スポンサーリンク

全話あらすじとネタバレをいち早く知りたい方はコチラから☟

>>>アンメットのあらすじを全話から最終回までネタバレ!ミヤビと三瓶の結末を考察と予想!

まとめ

アンメット原作漫画とドラマの違いは主人公?キャストや脚本家を紹介!まとめ

  • ドラマアンメットの原作は漫画!原作者は、元脳外科医子鹿ゆずるさんと、漫画が大槻閑人さん。公式に発表となった脚本家は篠﨑絵里子さん。
  • ドラマアンメットの原作漫画の違いは主人公!漫画は脳外科医・三瓶友治で、ドラマは記憶障害のある脳外科医・川内ミヤビに焦点を当てている。
  • ドラマアンメットの主なキャストは➀杉咲花②若葉竜也③千葉雄大④井浦新⑤岡山天音⑥吉瀬美智子
目次