【フジ大奥】歴代将軍のキャストを放送順に比較!演技派は誰?

【大奥】フジテレビドラマ放送順に将軍様を紹介!演技派俳優は誰?

大奥と言えば、将軍様の寵愛をめぐり様々な背景を持つ女性たちが中心となるドラマです。

女性たちの壮絶なバトルや嫉妬、女同士の友情や時代を得て変わっていく姿など見どころが満載にあります。

また、大奥は将軍の存在も大事な役柄ですよね!将軍の見どころとしては、ドラマ放送の順を追って人柄が変化していくことです!

そこで今回は、フジテレビで放送された『大奥』の『将軍様役』でドラマに出演を果たした俳優を調べてみました!

2024年の大奥ドラマにもどんな将軍なのか、見どころや、俳優は誰なのか放送順に追っていきます♪

この記事を見るとわかること

  • 【フジ大奥】歴代将軍のキャスト放送順!2024年の将軍様は誰?
  • 【フジ大奥】歴代将軍のキャストを放送順に比較!演技派俳優は誰?
目次

【フジ大奥】歴代将軍のキャスト放送順!2024年の将軍様は誰?

フジテレビ放送の2024年シリーズの『大奥』では、第10代将軍徳川家治(とくがわ・いえはる)亀梨和也さんが演じます!

亀梨さんのキリっとした目地からが将軍様にピッタリで、期待が高まるドラマとなりそうです♪

歴史上の人物・徳川家治は政治より趣味没頭?

徳川家治は、祖父から英才教育を受けて育ったそうです。ですが、政治にはあまり関心がなく側近の田沼意次に丸投げで趣味に没頭していたそうです。

その結果、政治的な評価は低かったが、唯一評価されたことは「大奥」の経費削減に成功したことです。

それは、尊敬する祖父・吉宗の質素で倹約な姿勢を手本にした成果だとされています。

徳川家治は多趣味

日頃は政治を田沼意次に任せ、将棋や囲碁を楽しんだり絵を描いたりして過ごすことが多かったようです。

ところが実はこの徳川家治、祖父の徳川吉宗からじきじきに教えを受けて育った人物で、頭もよく武芸にも秀でた文武両道の人。そして、ここぞ!というときには、前に出て指導力を発揮した将軍でした。

引用元:徳川家治 非常時には陣頭指揮 NHK
するめ

歴史上の人物・家治は多趣味でありますね!

現代なら、オタクに入るかもしれないくらいではないでしょうか。

ちょっとインドア派な感じがする人物ですね!

徳川家治(亀梨和也・演)ストーリーの見どころ

するめ

家治の秘密を握っている田沼意次とのバトルと、恋愛に臆病な将軍様がどんなラブストーリーを送るのかに注目です!

徳川家治は、父親が第9代将軍・徳川家重であり、父親がこの世を去ったことで第10代将軍の地につきます。

家治は、幼少期から聡明で周囲から期待されて育ったことで帝王学を学ぶエリート教育を受けており、祖父である第8代将軍・徳川吉宗から手を掛けられ面倒をみてもらっていました。

家治は幕府の立て直しに奔走する一方で、田沼意次に秘密を握られてしまい苦境な状況に陥ります

それでも、恋愛に臆病になりながらも、運命の波に立ち向かいながら、家治は必死に生きていきます。

父親:第9代将軍・徳川家重(とくがわ・いえしげ)
この世を去る。理由は謎

祖父:第8代将軍・徳川吉宗(とくがわ・よしむね)
家治の面倒を見る

将軍の側近:田沼意次(たぬま・おきつぐ)
将軍の重要な秘密を握る人物

【フジ大奥】歴代将軍のキャストを放送順に比較!演技派俳優は誰?

フジテレビドラマ『大奥』シリーズの将軍は5名です。ドラマ界で、顔を見ない日がないほどの活躍ぶりが目立つ演技派俳優が勢ぞろいしています。

以下からは2003年~2019年の大奥ドラマ最終章まで、過去のドラマ放送順から紹介していきます!

フジテレビドラマの大奥の女主人公について知りたい方は下記へ!放送順に主人公・女優編が見られます♪

大奥フジテレビ歴代キャスト(主人公・女優)の見どころは?いつの時代も強い女達だった!

2003年【大奥】:北村一輝 

徳川家定(第13代将軍)

北村一輝さんが演じる徳川家定は、奇抜な言動や行動によって「暗愚な将軍」と呼ばれ、内には闇を抱えています。彼は幼少期から命の危険にさらされ、顔の痣による差別などで人間不信に陥っていました。

ドラマでは、北村さんの知的でクールな演技から、将軍の孤独な部分が感じられました。しかし、主人公・篤姫(菅野美穂)との出会いによって、家定の感情に変化が生じる様子が見事に演じられました

将軍・家定が命を絶たれる場面では、「好きなように生き直せ」と篤姫に言った言葉が印象的で、篤姫のように他人と心を通わせることができることへの憧れと、同時に自分がそうできないことへの複雑な心情が視聴者の共感を呼び起こしました

するめ

イケメン強気な北村さんが、心を徐々に開いていく姿がさすが名俳優です!

2004年【大奥~第一章~】:西島秀俊

徳川家光(第3代将軍)

西島秀俊演じる、徳川家光は幼少期に産みの母親・お江与(高島礼子)からお世継ぎ問題が発生し、愛されなかったことにトラウマを持つ将軍です。

育ての親である、おふく→春日局(松下由樹)から可愛がられて育ったが、将軍になり春日局の重い想いに逆らったりする場面もありました。ですが、春日局を最後まで看取るなど実の親子のような関係性でもありました。

家光は孤独な心情であったが、お万(瀬戸朝香)に癒され‟愛”と言うものを知っていきます。

西島さんは、母親のような春日局から政治やお世継ぎ問題に過剰なおせっかいを受けながらも、お万に対してはさりげなく意見を支持したりと現代でいう嫁姑バトルの真ん中にいるような存在でした。

するめ

ドラマ見ていると、春日局やお万の存在が強めで、男してどうなの⁉なんて思ってしまうこともありました!

ですが、時代は将軍様より周りの方が世が動くような立ち回りをしていたのかもしれませんね。

2005年【大奥~華の乱~】:谷原章介

徳川綱吉(第5代将軍)

谷原章介演じる徳川綱吉は、‟生類憐みの令”を定めた5代将軍を演じました。

綱吉は、異常なまでの学問好きと母親の桂昌院(江波杏子)を大切に言いなりになるようなお坊ちゃま育ちの将軍。

昔大奥の元女中で、幼い綱吉のあこがれの女性であった阿久里(萬田久子)の一人娘・安子(内田理名)を側室にするよう命じる。しかし、一人娘の安子は既に夫がいる身であるが「離縁させればよいだろう」と提案するほど世界は自分中心に回っているような発言を口にしてしまうほど奔放ぶり。

谷原さんの優しい声からは、考えられないような心がない発言をする姿はまさに鬼でしたね。

するめ

笑っているようで、心は笑っていないような細かな心情の変化を見事に演じていました!

2016年【大奥スペシャル~第一部/最凶の女」「第二部/悲劇の姉妹」】:成宮寛貴

徳川家斉(第11代将軍)

成宮寛貴さんが演じた徳川家斉は、40人以上の側室を持ち男子26人と女子27人、計53人もの子を儲けるなど、心行くままに派手な暮らしぶりを好んだことで有名な将軍を演じました。

2016年のスペシャルドラマでは第一部<最凶の女>編と第二部<悲劇の姉妹>編になっており、成宮さんは第一部の撮影終了後、1週間で7㎏体重を落とし第二部の撮影をしたそうです。

また、成宮さんはセリフのスピードや語尾を変えたり、姿勢を変えてみたりと俳優ならではの工夫をされたそうです。

そのおかげなのか、家斉の破天荒な性格や立ち振る舞いが演技に現れていましたね!

するめ

短期間での撮影で、同じ将軍様役の変化をつけるために努力されたんですね!役者魂が光っています!

20019年【大奥 最終章】:大沢たかお

徳川吉宗(第8代将軍)

2008年の大奥最終章では、「家族」がテーマとなりました。大沢たかおさんが演じる8代将軍徳川吉宗は、質実剛健な生活を送っていたが、将軍になり江戸城・大奥に移ることになります。

紀州での素朴で優しい生活とは違い、大奥には美しい女たちが将軍を誘惑し、様々な出来事が起こります。しかし、ある事件をきっかけに吉宗は久免(木村文乃)を大事にし、2人は生涯を共にしました。

吉宗は、一見華やかな世界に心を奪われましたが、本当の愛というものに気づいたんでしょうね。

大沢さんは見事に吉宗のハニートラップにまんまと引っかかる様や、久免を再び大切にする心情を演じていましたね!

するめ

普段にこっとする表情から、神妙な顔までいろんな大沢さんが見れるところも注目です♪

まとめ

【フジ大奥】歴代将軍のキャストを放送順に比較!演技派は誰?

  • 第10代将軍・徳川家治(とくがわ・いえはる)役に亀梨和也さん
  • 【フジ大奥】ドラマ放送順に➀北村一輝②西島秀俊③谷原章介④成宮寛貴⑤大沢たかお

フジテレビドラマ放送がまた、歴史の1ページが増えましたね!

目次