【大奥】フジテレビ歴代キャスト(主人公・女優)の見どころは?いつの時代も強い女達だった!

【大奥】フジテレビ歴代キャスト(主人公・女優)の見どころは?いつの時代も強い女達だった!

フジテレビ連続ドラマとしては約20年ぶりに地上波に戻ってきた『大奥』が、毎週木曜22:00からのゴールデン枠で待望の放送開始が発表されました!

お馴染みの大奥ドラマをまた楽しむことができるだなんて、感激ですね♪

そして、令和の時代にピッタリな新たなストーリーに期待が高まりますね。歴代シリーズとは異なる展開に注目です。

今回の主演女優も気になりますが、歴代のキャスト(主演女優)たちが演じた役どころ見どころ調査しました!

この記事を見てわかること

  • 【大奥】フジテレビ2024年の歴代キャスト(主演女優)は誰?
  • 【大奥】フジテレビ歴代キャスト(主演女優)のドラマの見どころは?
目次

【大奥】フジテレビ2024年の歴代キャスト(主演女優)は誰?

2024年フジテレビ放送での大奥の主役キャストである、女優さんは小芝 風花さんで決定しています!

小芝さんは、政略結婚を強いられ主人公・五十宮倫子を演じます。

するめ

令和版で初となる、大奥の主役女優さんに大抜擢されたんですね!

徳川家治とは愛のない結婚となりましたが、令和版の大奥は『最も切なくて美しいラブストーリー』となると公表されいましたので、注目が高まりますね。

小芝風花のコメント

「これまでもたくさんの人に愛されてきた作品ですが、今回の『大奥』は"愛"をテーマにしています。今までとはまた違った、新しい『大奥』をお届けいたしますので、ぜひ楽しみに待っていてください」

引用元:東映 

私の大奥の歴代シリーズの印象は、女の戦いや策略裏切り、そして幸福の短命さといったネガティブな要素が強いです。いつもハラハラさせられ、一喜一憂することもありました。

2024年の大奥はこれまでの歴代放送史上のラブストーリーとされており、結末がまったく予測できません!

期待しているのは、恋愛でキュンキュンする場面や、心に残る感動的な瞬間がたくさん見れたらなという想いです。

ただし、江戸時代の舞台で、主人公は時代を変えるような人たちに囲まれているため、物語は一筋縄ではいかない展開を迎えそうです。

以下からは、過去のフジテレビで放送された大奥の主人公・女優達の最終回の結末を比較してみました!

するめ

過去作を忘れてしまった方や初めて見る方必見です!

【大奥】フジテレビ歴代キャスト(主演女優)のドラマの見どころは?

大奥のフジテレビ放送の歴代キャストで主役の女優は2000年代で選出すると、合計6名です。

時系列順に、大奥フジテレビの歴代キャストの主役の女優さんの紹介しつつ、ドラマの見どころを振り返ってみましょう!

大奥【2003年】主役:菅野美穂

2003年の主役は菅野美穂さんです。大奥内で繰り広げられた女のドロドロしたバトルには、目が離せなかったですね!

ドラマの見どころ

大奥のトップである瀧山(浅野あつ子)と実成院(野際陽子)の女の戦いや、時代が変わってからの篤子の姿、そして大奥の人たちの生き様です。彼らのストーリーが見事に絡み合い、最後の完結がすごく感動的です

安政三年(1856年)、敬子(後の篤子)は薩摩の島津家の出身で、第13代将軍の家定と政略結婚して大奥に入る。

大奥のしきたりに戸惑う篤子は、女中たちから「田舎者」と馬鹿にされながらも、徐々に成長。正室の地位を確立し、強くたくましくなっていく。

大奥~第一章~【2004年】主役:松下由樹

2004年~第一章~の主役は松下由樹さん。ドラマ序盤から自分の子供を元夫に置き去りにしてしまう状況からはじまり、大奥内ではお世継ぎ問題が繰り広げられていたドラマでしたね。

ドラマの見どころ

女たちの世継ぎ争いは混乱を招き、時には狂気に満ちた展開もありますが、逆に強く生きる姿も感じられ、そのリアルな描写が心に迫ります。そして、最後には松下さん演じるおふくの家族愛が感じ取れる場面に、感動が忘れられません!

おふく(松下由樹)は武家に嫁ぎましたが、離縁されてしまい、3人の子供たちと共に家を出ました。その時、将軍家が乳母を募集している高札を見つけ、その門をたたきます。

二代将軍秀忠(渡辺いっけい)の正室であるお江与(高島礼子)は、竹千代という子を産み、おふくにその子を育てさせることになります。おふくとお江与の関係は、竹千代を巡る状況や感情の複雑さから徐々に緊張し、確執の始まりとなっていきます。

大奥〜華の乱〜【2005年】主役:内山理名

2005年の~華の乱~の主役は内山理名さん。主役の内山さんよりも信子(綱吉正室)役の藤原紀香さん、お伝役の小池栄子さんの演技力やビジュアルには圧巻されてしまうドラマでした!

ドラマの見どころ

綱吉の求愛を受ける主人公に対して、女たちのあからさまに陰湿ないじめや、世継ぎができたことで地位が危うくなることを危惧し自分の派閥に取り入れようとするなど、嫉妬と戦略の嵐!

顔は笑って、心は何を考えているか分からない恐怖も感じる場面です!

江戸文化が開花し元禄時代の豊かな時代。

第5代将軍・綱吉を中心に、大奥の権力を握るのは綱吉の生母・桂昌院。

牧野家の娘・安子(内山理名)は綱吉に復讐するため大奥に入るが、そこで正室・信子(高島礼子)や側室・お伝(小池栄子)の方など、恐ろしい女たちとの悲喜交々の愛憎劇が繰り広げられます。

大奥〜もうひとつの物語〜〜【2006年】主役:深田恭子

2006年12月29日に~もうひとつの物語~は、映画『大奥』の放送を記念して放送されたスペシャルドラマで、深田恭子さんが主演を演じました。

ドラマの見どころ

2006年の映画『大奥』で使用されたセットや、映画で着用されなかった打掛なども登場します!映画を見た後に、~もうひとつの物語を~見ると違う楽しみが増えるかもしれません

宝永7年、ゆき(深田恭子)は家を守るため大奥で働く。

滝川に名前を『おまん』と付けられ、葛岡の指導で御末として働く中、友達のおしのと親しくなる。

しかし、おしのの元恋人が将軍を命の危険にさらすような疑いをかけられてしまい、真相を追求するうちに友情と陰謀に巻き込まれ、最終的に友人は、恋人と共にこの世を去ってしまう・・・

大奥〜[第一部]〜最凶の女/[第二部]〜悲劇の姉妹〜【2016年】主役:沢尻エリカ

2016年1月22日・29日に特別番組で放送されたドラマは、二部構成。主演の沢尻エリカさんが江戸幕府第十一代将軍・徳川家斉の側室お美代(専行院)と二役を演じました

ドラマの見どころ

なんといっても女優の沢尻エリカさんの、豪華衣装にも負けないほどの美しさです!また、二部構成となっているドラマであり、どちらのお話にも「え?」そんな展開になるの?と驚く内容となっています!

江戸幕府第11代将軍・徳川家斉(成宮寛貴)の壮年期・青年期を描いたもので、壮年期には美しいが巧妙な策略で悪女として描かれる沢尻エリカさんが登場します。

彼女は美貌と巧みな手腕で世を渡り歩きますが、その中で惹かれる存在に出会います。


一方、青年期には“聖女”として描かれる沢尻エリカさんも、姉と妹の嫉妬からくるストーリーが展開されます。

美貌とは裏腹に周囲の複雑な人間関係に巻き込まれ、どちらも異なる運命に翻弄されていく様子がドラマの中心となります。

大奥〜最終章【2019年】主役:木村文乃

2019年には、木村文乃さんが大奥最終章の主人公を演じました。これは、大奥シリーズ完結編でしたね!

ドラマの見どころ

大奥総取締役の高瀬(南野陽子)が、眉を剃り上げているビジュアルで、「火をつけろ!」と久免を陥れようとする姿には、恐怖を感じてしまいます。

また、家族で平和なハッピーエンドを迎えることが、大奥の完結編らしいと思いました。

吉宗の時代、、正室のいない将軍・吉宗(大沢たかお)と側室・久免の方(木村文乃)が物語の中心。

紀州藩主として藩財政の立て直しに奮闘していた吉宗は、下級武士の娘・久免を側室に迎え、3人の子供たちと共に仲睦まじく暮らしていました。

しかし、吉宗が第8代将軍になると、大奥での権力争いに巻き込まれる状況に。友情や愛が入り交じる中、久免は巧妙な策略を打破し、将軍の座を継ぐことに。

最後は家族と平和な晩年を迎え、感動の結末となります。

将軍様の歴代キャストに興味のある方は以下をチェックです☟懐かしのイケメン俳優が勢ぞろいしています!

フジ大奥歴代将軍のキャストを放送順に比較!演技派は誰?

まとめ

【大奥】フジテレビ歴代キャスト(主人公・女優)の見どころを比較!いつの時代も強い女達だった!のまとめ

  • 大奥【2024】のドラマ内容は愛!一筋縄ではいかないストーリーであろうと予想
  • フジテレビ歴代キャスト(主人公・女優)の見どころを比較しました!
  • 歴代キャストの演技力はどれも圧巻であった!
目次