君が心をくれたから5話ネタバレや感想!太陽の一途な想いが届いて歓喜の嵐!

君が心をくれたから5話ネタバレや感想!太陽の一途な想いが届いて歓喜の嵐!

君が心をくれたから第4話では、視聴者から太陽に嫌われる行動をとった雨に対してイライラや共感の声が上がりました。

第5話での感想は「一途な太陽くんが健気!」「太陽が知って本当に良かった!」などの声も上がりました!ドラマの内容のネタバレと、第5話の視聴者の感想をまとめてみました!

この記事を見るとわかること

  • 君が心をくれたから第5話の感想
  • 君が心をくれたから第5話のネタバレ
目次

君が心をくれたから第5話の感想

君がくれたからのドラマは、切なく悲しい内容ばかりでありました。しかし、5話放送後の感想は、太陽の一途な行動がストーリーに好転な追い風となって、喜びの声が上がりました。

・どんな君になっても変わらないずっと好き。こんな真っ直ぐに愛されてみたいなぁ

ガールズチャンネル

君が心をくれたから第5話ネタバレ

以下からは君が心をくれたから第5話のネタバレを紹介します

逢原雨(永野芽郁)は、朝野太陽(山田裕貴)と別れる決意をした。あの世の案内人の助言どおり、五感を失うことを祖母の雪乃(余貴美子)に打ち明けようとするが、祖母の雪乃はがん宣告を受ける

雪乃は抗がん剤治療を拒否し、数週間から2ヶ月の余命と告白する。ショックを受ける雨を前に、雪乃は生きている間、雨の笑顔をたくさん見せてほしいとお願いをする。

雨はもうひとりの”案内人”千秋(松本若菜)に、雪乃を奇跡で助けて欲しいと頼むが、千秋は奇跡は誰にでも起きるわけではないと返す。

日下(斎藤工)が現れ、午前0時になり、雨の腕時計に「手」のマークが表示され、次に失うのは「触覚」だと告げる。

妹に打ち明けた指輪の正体

太陽は、雨に降られた際に父と妹から慰められたり勇気づけられたりします。父からは「振られた男ができる3つのこと」をアドバイスされます。

  • 相手の幸せを願う
  • 何事もなかったように普通に暮らす
  • 相手が泣いていたら駆けつける
するめ

お父さんは③番を推していました!
結婚した妻とは、駆け落ち状態だったんですね~

お父さんの一途な心も、自然と太陽に引き継がれちゃってます。


その後、太陽は妹と一緒にお寿司を楽しんでいる最中、小さな箱から指輪を取り出しました。その指輪は、高校卒業の際に雨にプレゼントしようとした指輪でした

太陽は「雨ちゃんの指輪の精になれたなら」と言いながら、妹に指輪を紹介しました。

この指輪は、雨が悲しいときに指輪をこすると太陽が現れ、元気づけられることが出来たらという想いがありました。太陽はこの特別な意味を込めて、今まで大切に保管していたのです。

しかし、太陽は今度こそ終わりにしようと、想いでの指輪を投げ捨ててしまいます。その様子を見ていた太陽の妹は複雑な表情を浮かべていました。

その後、太陽の妹は雨に会い、指輪のことを伝えます。「太陽の青春を成仏させてあげて」と言いながら、指輪を雨に手渡します。

するめ

太陽のお父さんも妹も、太陽のことを愛していますね。

どちらのやり取りも、もっと見ていたくなるシーンでした。

雨の理想の未来の後悔

ガン宣告を受けた雨の祖母との会話で、雨は毎日五感を無くさなかった未来を考えるたびに、本音を漏らしてしまいます。

「こんなことがなかったら、パティシエに再挑戦したり、太陽君と結婚したり、ケンカも含めて毎日が幸せだったろうな」

と、理想の未来を回想し、その未来に対する後悔が胸に迫ります。

また、今後五感を失うことで祖母や太陽にも会えず、何も考えられなくなて状態になったらスゴク怖いと。五感を失い体が動かなくなってしまった時に、1人になっては何もできないから自分をお世話してくれる介護施設を探します。

するめ

徐々に味覚、嗅覚が本当に奪われて行って、ずっと一緒にいた祖母の未来も短くて、急に自分の命の短さも現実味を帯びてきたのでしょうね。

やっぱり、雨も幸せな未来を過ごしたかったに決まっていますよね。そう思うと辛いです。

司が太陽に渡した手紙

司は太陽に向かって、「雨ちゃんは、五感を失う病気にかかっているんだ。」と告白します。その上で、雨は太陽の邪魔にならないように振る舞っている事実も伝えます。

そして、司は雨が高校を卒業する際に、雨の部屋のゴミ箱に捨てられてあった手紙を太陽に手渡します。それは、雨の祖母が拾って、大切に保管していたものでした。手紙には、雨の太陽への素直な想いが綴られています。

雨が高校卒業の時に、太陽に渡そうとした手紙の内容

・出会ってくれてありがとう。
・夢への一歩が進めた。
・10年後の約束をかなえたいと思った。
・いつも笑っていられるようなそんな素敵な未来が待っているよね?

>ここからは第4話の観覧車の中でのセリフが続きます。気になるあなたはコチラの記事がおススメです<

こんな気持ちをくれた太陽君を私は大好きです

この手紙をみて、太陽は大号泣します。第4話の観覧車の中で聞いた司の好きなところが、実は自分のことだったと気づいたのです。

するめ

第4話では、太陽への気持ちを雨はウソばかりついて切ないシーンが満載でした。
第5話で太陽にやっと伝わって良かった~!と思いました!

ついに2人の想いがひとつに

太陽は、五感を失うことや、雨の気持ちが書いてある手紙を読んだこと話します。雨は一緒に居たくなるから、会いに来ないでと突っぱねバスに乗ってしまう。

そんな太陽は、バスに乗った雨をあきらめず、走って追いかけます。

その時、あの世の案内人が、「彼のもとへ行ってもいかなくても必ず後悔する。今はすべてを魔法のせいにして幸せな後悔するべきだ。」と告げ、雨は考えたぬいた結果バスを降り、太陽と雨は想いをぶつけあいます

雨は、太陽が高校生の頃に渡そうとした指輪をつけ、「目が見えなくなっても、耳が聞こえなくなっても、味も臭いも感触も、全部わからなくなっても、私のこと好きでいて。」とお願いをします。

太陽は、「絶対に変わらないから。君がどんな君になっても。ずっとずっと大好きだからね。」と雨に伝え2人は抱き合い、お互いの温もりを感じ取りました。

するめ

やっと2人の想いが通じ合いましたね!
これからって時にどうなってしまうんだろう。

君が心をくれたから6話をすぐ知りたい方は☟コチラ

まとめ

君が心をくれたから5話ネタバレや感想!太陽の一途な想いが届いて歓喜の嵐!まとめ

  • 君が心をくれたから第5話の感想は、太陽の一途な想いが届いたことに、歓喜の声が上がった!
  • 君が心をくれたから第5話のネタバレ
    ➀妹に雨に渡せなかった指輪の想いを打ちあけ、終わりにするために指輪を捨てた
    ②雨は五感を無くさなかったら、理想の未来を送れたかもと後悔している
    ③司は、雨の五感がなくなることについて太陽に告白し、雨の本当の気持ちが書かれている手紙を渡す
    ④雨と太陽の2人は想いをぶつけ合い、想いが通じることとなった。
目次