君が心をくれたからの原作はオリジナル!最終回までのあらすじを考察

君が心をくれたからの原作はオリジナル!最終回までのあらすじを考察

2024年1月8日よりドラマ『君が心をくれたから』月9枠のフジテレビで放送が始まります!

月9枠に主演の永野芽郁は初主演なんだそうです!共演は山田祐貴さんです。

永野さんと山田さんの2人は2021年のドラマ「ハコヅメ たたかう!交番女子」ですでに共演した仲です。

今回の『君が心をくれたから』ドラマは長崎を舞台にしたラブストーリーとなっているので、また違った2人の役柄に注目が集まっています。

気になる原作ドラマの主題歌最終回までのあらすじ考察をまとめてみました

この記事でわかること

  • 君が心をくれたからの原作について
  • 君が心をくれたからの最終回までのあらすじ・考察
  • 君が心をくれたからの主題歌について
目次

君が心をくれたからの原作はオリジナル!

映画やドラマは小説や漫画が原作となるものが作品が多いですが、『君が心をくれたから』は原作はありません

完全オリジナルな作品となりますので、先が読めないストーリーに1話1話目が離せなくなることが予想されます。

脚本を担当したのは、小説家である宇山佳佑(うやま・けいすけ)さんです。

1983年生まれ神奈川県出身
2011年ドラマ『スイッチガール』で脚本家デビュー
2015年『ガールズステップ』で小説家デビュー
宇山佳佑情報

2017年に出版した『桜のような僕の恋人』では発行部数が、60万部突破し大人気作品を生み出している方です。

この作品は2022年にNetflixで中島健人さんが主演で映画が公開されました。

また、2019年には『この恋は世界でいちばん美しい雨』文芸書大賞を受賞するなど、若者の共感を集めるストーリーが魅力的で絶大なる人気の小説家として世間に知れ渡るようになりました。

『君が心をくれたから』はピュアもあり、ファンタジーなストーリーとなっているため宇山さんの世界観に引き込まれること間違いないと見ています。

君ココドラマの大反響が大きいため、以下のような意見も出ています。気になる方はコチラ☟をどうぞ!

君が心をくれたから似ているドラマや作品はトッケビ・パーフェクトセンス!?理由を調査!

君が心をくれたからの最終回までのあらすじ・考察

君が心をくれたからのあらすじと最終回の3つの考察をしました!

永野芽郁演じる主人公・逢原雨

学生時代に‟雨”という名前で‟ザー子”と呼ばれるようになり周囲からバカにされたことで他人と関わらないようにしていました。いつしか人に心を開けず自身を持てない状態に。

唯一明るく声をかけてくれた太陽のおかげで初めて人生で前向きになれた雨は、パティシエの夢叶えるために上京をすることになります。

山田祐貴演じる朝野太陽

一人前の花火師になる夢を持ち続け、明るく前向きな男性。亡くなった母親との約束を果たすために、代々続く老舗煙比店の跡取り息子として修業を積んでいます。

学生時代は逢原雨が気になる存在であり、彼女に想いを伝えられないまま8年経過しても片時も忘れることがないなど不器用さとピュアな面を持っています。

上京した逢原雨が長崎へ戻ったことでストーリーが大きく動いていきます

雨と太陽が再開したものの、太陽が事故に遭ってしまい大きな悲しみに陥ります。

そんな雨の前にあの世からの「案内人」と名乗る男がこう告げます。

『君が心を差し出すのならば、いまから奇跡を起こしてあげよう』

奇跡と引き換えに雨が‟心を差し出す”とは何を意味するのか。そして2人に何が起こるのか。

あらすじを見る限り、ただのラブストーリーではないことが分かります。事故が起こってから、不思議な男性が現れ、心を差し出すって何だろうとドラマの内容が気になって仕方ありません。

また、不思議な展開に2人の関係性2人を取り巻くキャストの関係もどうなっていくのか注目です

山田祐貴演じる朝野太陽の恋敵役で出演!白洲迅さんに関してはコチラ☟

白洲迅は韓国出身と言われる理由4選!本当の故郷や両親について調査!

山田祐貴演じる朝野太陽の妹役で出演!出口夏希さんに関してはコチラ☟

出口夏希の幼少期は中国にいて活発な子?出身や学歴を調査

以下では最終回の結末を3つ予想してみました!

最終回の結末➀最終的にはハッピーエンド

「案内人」はあの世から来ている為、‟奇跡”を起こすという場面が気になるポイントです。

奇跡とは2人がお互いこの世に存在し、最終的にはお互い支えあって生きていくことになる展開も考えられます。

するめ

2人の幸せになる姿を見てみたいです♪

最終回の結末②夢をかなえる

逢原雨と朝日太陽はそれぞれの夢があります。雨はパティシエで太陽は花火師。

2人の成長と、夢をかなえる姿でひたむきに生きていくという結末になる可能性もあります。

ただし、雨の五感を失っていくという事実が今後、夢を叶えることはできるのか考えものですね。

するめ

五感を全部失うことは、試練であり、何かクリアできれば五感はすべて元に戻るなどドラマの展開が大逆転なんて可能性も考えちゃいますね。

最終回の結末③どちらか一方が永遠の別れ

あの世の案内人が登場するため、もしかしたら2人の命に関して別れがあるのかもしれません。

宇山さんは号泣する作品を数々生み出している為、視聴者の感情が揺さぶられてしま結末が起きてもおかしくないですね!

するめ

個人的には、この結末は一番つらいなぁと思います。
若い二人になぜ、こんなにも残酷な運命を背負わせてしまうのか?

そして最終的には、原作者の宇山さんが伝えたかったメッセージとは何か?

原作がないため、最終回の結末は見逃せないですね!

君が心をくれたからの主題歌について

『君が心をくれたから』のドラマ主題歌は宇多田ヒカルさんが書き下ろした楽曲です

曲のタイトル名は『何色でもない花』であり、新曲のお披露目はドラマの初回放送で披露されました!

宇多田ヒカル「何色でもない花」歌詞の意味を解釈!

するめ

ドラマで初披露だなんて特別感ある!

宇多田ヒカルさんと言えば、全世界で900万枚以上のセールスを記録した「First Love」は、当時16歳でドラマチックな大人のラブソングの心情が多くのファンの胸に響きました。

今回のドラマでも、物語の心情に絶妙にマッチした楽曲が期待されますね!宇多田ヒカルさんの曲でドラマの世界観が完璧な形となるのではないかと予想されます!

まとめ

君が心をくれたからの原作はオリジナル!最終回までのあらすじを考察のまとめ

  • 『君が心をくれたから』は原作は漫画や小説はなく、小説家である宇山佳裕さんのオリジナル作品
  • 『君が心をくれたから』のあらすじは2人が再開後、事故に遭遇した後あの世からの案内人の”心を差し出す”が何なのか気になる展開!
  • 考察を3点あげたが、完全オリジナルのため予測できない
  • 主題歌は宇多田ヒカルさんで、新曲の発表のお披露目はドラマ初回放送にて
目次